インターネットがあれば起業も簡単!でも実はここ数年で例のやり方も!

安定した企業に就職して定年まで働くのが王道だった

大企業でも大幅なリストラをするような時代です。かつてのバブル黄金期のような考え方はもう古いという時代になったように思います。かつては、大学を出て安定した企業に就職して、定年退職するまで働き続けるというのが人生の王道とも言える道でした。実際それだけで、日本の高度成長の流れに乗って、豊かな暮らしができたわけですね。ですが、時代は変わって今は、それだけが良い選択ではないということを多くの人たちが感じているんじゃないでしょうか?

インターネットを使わないと企業は難しいのか?

そのような日本の社会の状況下に加えて、インターネットが一般化して、誰でもインターネットでビジネスを少ない投資でできるような環境になりました。だからこそ、起業するという選択肢を選ぶ人が急増しているわけです。ですので、現在起業しようとした場合、そのやり方の殆どはインターネットを使ったものが推奨されるでしょう。逆にインターネットを使わなければ、日本において起業は簡単ではないような風潮がありますよね。ところが、ここ数年でもう一つ起業したいと願う私たちの新しい道が開けていますね。

ある施策によってネットを使わなくても起業しやすく

その新しい道とは、ネットがない時代の起業の王道とも言えるものでした。しかし、日本の仕組み上、かつてはそこまで簡単ではなかったやり方です。ところが、日本のお金を握っている例の機関が行った新たな施策によって、その方法がやりやすくなったわけです。その施策とは日本銀行の例の緩和のことです。さらにマイナス金利付が発表されて、批判の声もありますが、この施策によって、銀行の中小企業に対する融資が緩和されたということが、実は起業をしたいと考えている個々人に大きなインパクトを与えています。実際、個人でも銀行から融資を受けて、起業に踏み出している人が増えています。この資金でネットも合せて起業することもできますが、この場合、必ずしもネットを使わなくても起業ができるわけです。

フランチャイズとは、事業者が他の事業者と契約することで、商標やマーク、名前を使うことができ、営業権を得ることができます。