自分で出来るかも!トイレが詰まった時の対処法

本当に困るトイレの詰まり

いきなりトイレが詰まって困ったことはありませんか?業者を呼ぶと意外にお金がかかるし、祝日や深夜などだと業者を呼ぶことも出来ない場合も。そんな時、自分で対処できると助かりますよね。トイレの詰まりにはいくつか原因があります。それぞれ対処法も異なるので、ちゃんと原因を調べて正しい対処ができるようにしましょう。ウォシュレットの場合は、まず電源を切ってくださいね。それと、止水栓は閉めてください。水があふれて床にまで被害が広がることもありますので。

原因によって異なる対処法

トイレが詰まる原因で一番多いのは、ティッシュペーパーなど流してはいけないものを流した時です。この場合は、ラバーカップいわゆるスッポンで解消できることがあります。便器の穴にカップを密着させて、ゆっくり押し、押せなくなったらカップのふちを便器につけたまま引きます。数回繰り返すと、水が抜けていきます。ラバーカップ以外に高圧洗浄機やワイヤーブラシを使う方法もあります。もし、水を流した時に流れにくく、水位が上がっているような場合は排水管が詰まっている場合があります。この場合は、ラバーカップでは解消できないこともあります。

出来れば自分で直したいけど

トイレが詰まる理由は、他にも色々あります。たとえば、水流が少ない場合は、タンク内で問題が起きていることがあります。タンク内を覗いてみて水がたまっていなければ、止水栓が閉まったままになってる可能性があります。浮き玉の不具合やレバーの鎖が錆びついている時も、水流が悪くなります。水を流した時に変な音がする場合は排水管やトイレ内部に異変が起きていることが多いので、専門業者に頼んだほうが良いかもしれません。いずれの場合も無理に直そうとすると余計に悪化させることがあるので、自分で試して駄目だった時は早目に専門業者に頼みましょう。

自宅の水道管の水漏れはその水道管のつなぎ目の「パッキン」が悪くなっている場合が多く、その「パッキン」を交換する事によって治る場合もあります。元栓を閉めて工具を使えば自分で簡単に修理できます。