フランチャイズの起業の注意点とは!更新料など!

一本独鈷とは言い難いです

独立起業の方法として、フランチャイズがあります。これはさすがに一本独鈷とは言い難いですが、それでもバックに大きな組織があるのは有難いです。別に助けてくれるわけではないですが、仕入れ、販売ルート、流通などのノウハウをもらえるのはとても大きいです。コンビニなどはフランチャイズでないと殆どすることができないです。大きな流通網に入る必要性があるからです。起業するときにはフランチャイズを選択肢に入れることです。

利益を渡すことになる

当然ですが、フランチャイズ本部も利益を出す必要があります。その時に注意するのが、ロイヤリティです。これは要するに利益の一部を渡す、と言う約束であり、売上の何パーセントになっている場合が多いです。その上、契約金や更新料などもあります。特に更新料にはかなり注意をする必要があります。余りに頻繁ですとそれで利益をかなり削られることになります。同じ業種でもフランチャイズ本部によって違いがある部分が沢山あります。

どんな商売をするのか

フランチャイズは基本的に素人でも出来るようにしています。つまりは、これから新しくしようとする人に向けて、完全にマニュアル化指定ます。その為、どんな商売をするにしてもフランチャイズに加盟してやるのであれば、特に最初から求められるスキルはないです。事業資金があればよいのであり、後は努力次第です。需要の見込みなどもしっかりと考える必要がありますが、基本的には高いスキルが最初から求められるような商売ではないです。

代理店とは、メーカーなどの仕入先から直接契約を結んだ店舗のことで、卸してもらった商品を販売する店の事です。